脱毛

見えない部分の自己処理方法って?

脱毛サロンに通っていると、どうしても施術前に自己処理をしなくてはなりませんよね?

腕や足など見えるところは出来ますが、問題はデリケートゾーン!


さらにIラインやOラインとなると自分でシェービングするのはかなり難しいですよね?
刃で肌を傷つけてしまうのも怖いし、みんなどうしているんでしょう?

半分の人がサロンでシェービングをしてもらっているそうです。
サロンによって金額は異なりますので通う前にチェックしましょう!
平均1,2千円でシェービングしてくれるサロンが多いですが!脱毛の度シェービング代がかかるとなると、たとえキャンペーンなどで安く契約したとしてもあまり意味が無くなってしまいますよね。

銀座カラーではシェービングサービスがありません。剃り残しがあるとその部分を避けて施術することになりますので注意が必要です。

できれば自己処理をしていきたい!と考えている女性の為にデリケートゾーンを自己処理する場合のコツをまとめました。




デリケートゾーンの自己処理前に用意するもの

ハサミ
電気シェーバー



まずはハサミで毛を短くカットします。
長いとシェーバーに剃りにくく、毛がシェーバーに絡まったり、肌への負担が大きくなってしまいますので必ずシェービング前に毛をカットしておくのがコツです。

意外と知らない!?毛を剃るときの注意点

毛の流れに沿って剃ることが基本です。
そうすることで肌へのダメージを最小限にすることができます。

ビキニラインはまだ自分でも出来ますが

問題はIライン!!!

ここで必要になってくるのが、手鏡!!!

自分でもまじまじと見る事なんてないIライン!パートナーにやってもらうのも手かもしれませんが、
恥じらいがありますよね?
自分でやるにもちょっと恥ずかしいけど、この際キレイになる為!

羞恥心は一切捨てましょう!


鏡をおいてその上にしゃがんだ格好で座ります。
恥ずかしいですが、それが一番見やすくやりやすいと思います。


ここでポイント!

Iラインは全身の中でも一番デリケートな部分なので、出来ればサロンに任せたいところですが、慣れてしまえば出来ない事もありませんので、慎重に行っていきましょう。


外側の皮膚を軽く伸ばすことで剃りやすくなります。
肌にあまり負担をかけないように、強く刃を当てないように気を付けて毛の流れに沿って剃ります。

最初はドキドキですが、ゆっくり慎重に行えば自分でも出来ますので頑張ってみてください!


 

サイトマップ